マズいものはマズい・イギリス飯

待ちに待ったロンドンに来てからすっかり浮かれてきってしまっています。でもやっぱり悪名が高いイギリスの食べ物には浮かれるわけにもいきませんでした。

「フィッシュ&チップス」はイギリス料理で代表される飯。
bf01

bf02

淡泊な白身魚をフライにし、塩とレモンで味付けて食べます。馬鹿にしてはいけません。シンプル故に、揚げ加減や魚の鮮度など気をつける点も多い料理です。

だけど、私のおばあちゃんが来たら食べるものが無くて弱ってしまうので、おばあちゃんは絶対にロンドンには連れてきてはいけないと思いました。

ただ、私たちはお金がないだけで、実はロンドンには美味しいものもあります。ロンドンのカフェ・レストランガイドを見ると、注目度が高いシェフの店など行ってみたいお店がいくつもありました。またロンドンは発展した国際都市なので、インド料理・タイ料理・イタリア料理・フランス料理・日本料理……と外国の料理を扱っているレストランも多いです。

スコットランド北部に行くと、ロンドンのように選択肢が多くなく、街は「pasty」っていうミートパイ尽くしでした。
bf03

奥に見えるジャンボチキン・チョリソーロールは興味深いです。チキンとチョリソー、その組み合わせはテスト済みなのか。

手前に見える「Haggis」は、スコットランド名物の羊の内臓を胃袋に詰めたソーセージのような料理のことです。それを角切りにしてタマネギ・ジャガイモと混ぜてパイでラップにした代物。肉のパイでさえヘヴィーなのに、ハギスでさらにハードルを上げられてしまいました。
bf04

スコットランド北部のスーパーに行ってみました。肉系のパイなどの冷凍食品が続くなか、ジャガイモがぽつんと飼い主が現れるのを待っています。これと冷凍食品を合わせると完璧なディナーになるので、ぜひお一人様一袋買ってやってください。
bf05

涙もろいイタリア人が見たら泣くかもしれません。トマトソースパスタ×マヨネーズ和えパスタの隣り合わせ。
bf07

スコットランド首都エジンバラで朝ご飯メニューを頼みました。その内容はトースト、ハギス、ベーコン、豆、チョリソー、卵、マッシュルーム、トマト。この肉×肉×肉×卵×豆攻撃には両手を挙げて降参です。
bf06

あ~シンプルなマフィンを見ると安心しますね。
bf08

 

*ほとんどふざけた個人の意見なので真に受けないでください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。