お坊さんから聞いた栄養のお話

ネパール、ルンビニにいたとき、立派なお坊さんにありがたいお話を聞きました。

「村の貧しい女性は栄養価の高い豆を安く売って高く食パンを買い、玄米を売って白米を買って子どもに食べさせる。それが都会の人が食べているものだからという理由だけで。」間違った方向に発展してしまった”近代化”の一例を教えてくれました。

日本でも栄養価の高い味噌など伝統食品が軽視されてきているのは、もったいないことなんだと気づかされました。

写真はそのお坊さんと、彼により非営利で運営している学校の生徒と、女子寮の先生。

DSC_0391

DSC_0399

DSC_0379

撮影:Mia More
場所:Metta School

Metta Schoolの活動を知りたい方はホームページを訪ねてみてね!
Metta School Home Page
*日本語教えたい人や、ボランティアをしたい人はコンタクトをとってみても良いと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。