ネパールとヒマラヤの食事

ネパールとヒマラヤの食事をご紹介!

ネパール料理といえば、「ダルバット」

「ダル」はヒヨコ豆やレンズ豆のスープ、「バット」は米の意。ダルというスープはインド料理にも出てきます。が!味が違います。優しい味の豆スープです。これに副菜として、キムチのような漬け物や、炒めカレー、ときには野菜の炒め物、や生野菜がついてきます。この一皿でバランス良く栄養がとれる、とネパール人も認識している優れものプレートなのです。
1

2

ヒマラヤの山の上での食事

チベットから伝わる料理が多いです。今では広くネパール人にも食べられています。

「もも」
まさに餃子なのです。皮から手作りなので美味しさは説明するまでもありません。中身は、バッファロー、チキン、ベジ、ポテトチーズなどから選べます。タレはトマトベースのチリソース。手作りソースを出している店も多い。
5

4

3

「チョーメン」
焼きそばです。麺が手作りなので、味わい深い。
6

7

「センドック」
手打ち麺です。その素朴さが岩手県の「ひっつみ」を思わせます。
8

「チベタンブレッド」
小麦からこねて揚げます。味は甘くないドーナツのよう。エネルギー量が高く、山の上では最高。
9

「チャンパ」
麦こがし粉と呼ばれる、一度煎ってある小麦粉を保存しておき、調理するときに適量をミルク、水、バターと一緒に温めながら溶かします。トレッキング中は、朝ご飯にこれさえ食べれば昼まで持ちこたえることができます。山の上の生活する人々の知恵が入っている食べ物なんです。
10

11

と、マーズ。マーズとスニッカーズは最高の山の行動食。ゴミは持ち帰りましょう。
24

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。