本場インドで習ったキール(乳粥)の作り方

キール(乳粥)とは、お粥状の甘〜いデザートで、インディカ米をレーズンなどと一緒にミルクで炊いたものです。仏陀が解脱を得るためにここブッダガヤにて瞑想を行った際、スジャータという女性が差し出したとされるのがこのキール(乳粥)なのです。仏陀はキールを食べ、悟りを開くことに成功したと言われています。インデラさんの奥さんにキールの作り方を習いました。お店で食べるキールよりずっと美味しいスペシャルレシピです!

<材料>
ミルク 1.5l
米(インディカ米が好ましい) 3カップ
砂糖 3カップ
イライチ 3粒程度
レーズン 1/2カップ程度
ドライココナッツの実 1/2カップ程度 
ドライデーツ 1/2カップ程度

*ドライフルーツはお好みです。カシューナッツやアーモンドを入れても良いそうです。

DSC_0113

<準備>
1. 米をといでおく
2. ココナッツ、デーツは0.5cm程に刻んでおく

米以外の穀物や石がないかこうやって探します

米以外の穀物や石がないかこうやって探します

DSC_0252

<レシピ>
1. 鍋でミルクを温める
2. ドライフルーツ、イライチを入れる
3. 米を入れ、鍋に蓋をする
4. 沸騰してから吹きこぼれに注意しながら5分程待つ
5. 砂糖を入れる
6. 強火のまま混ぜる
7. 吹きこぼれない火力に弱め、蓋をし、20~30分加熱する
8. 鍋に入れたまま20分程寝かせつつ、冷ます

米が柔らかくなっていたらOKです。栄養満点で体がぽかぽかしてきます。

2.

2.

3.

3.

4.

4.

DSC_0279

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。