ミャンマー人はあたたかかった 

タイからミャンマーに徒歩で入国してから1週間が経ちました。北タイにあるメーサイという場所は、タイ、ミャンマーの国境地点でさらにラオスにも接しているため、「ゴールデントライアングル」と呼ばれます。私たちはここから徒歩でミャンマー入国を果たしたのです。

ここメーサイでは細い川をまたいで隣国ミャンマーとなるのですが……島国日本から来た私には新鮮な感覚です。「たったこれだけ?!」みたいな。実はメーサイだけではなく、南北にのびたタイとミャンマーの国境線は本当に山や川に隔てられているだけ。国境沿いをツーリングして北上したからこそ目で見てわかったことでした。

ミャンマー人は簡単にタイとの間を行き来できるみたいで、大荷物を積んだトラックも、10人くらい人を乗せた小さめのピックアップトラックも中身をチェックされずに簡単に入国管理局を通過していきます。

入国管理局の目の前のメインストリートでは屋台と土産物店がひしめき合い朝から晩まで賑わうのです。商品を仕入れやすいことはもちろんですが、通行人が多いことが賑わいの最大の理由。賑わいが賑わいを呼び今ではすっかり観光地となっています。日常品、土産物、中国の珍しい食材などとにかくなんでも売ってしまえといった感じ。

国境を越えた向こう側は、あこがれのミャンマーでした。ミャンマーと言ってもタイ側のメーサイと同様、国境の町。タチレクというその町にはメーサイのような賑わいはないものの、ざっくり言ってしまうとタイに類似している部分が多いのです。

驚くことに、ミャンマー内でも唯一らしいですがタチレクの通貨はタイの通貨バーツでした。そしてタイ語も話す人が多いとも聞きます。

確かにバスで乗り合ったミャンマー人のおばさんに「ありがとうってなんて言うの?」と聞くと、「コップンカー(タイ語と同様)」と教えてもらったし、タチレクにある空港では売店の人たちがコップンカーって言ってくるのです。(ちなみに後でわかったことはミャンマー語のありがとうはチェーズーテンパーデー……)私はコップンカーくらいしかタイ語がわからないのでなんとも言えないのは承知ですが、やっぱりタイに似ているんだ!なんて勝手に思い始めるわけです。

ところが、飛行機に乗りはるばるヤンゴンにやってくると、流れている空気が全然違うことに気づきます。地理的に暑くてじめじめしていますが、それだけじゃない何かが違う。

安宿の窓から見える景色は美しく、町にも植民地時代の建物が多く残っています。多くの人がサロンを着用しており、そしてタナッカーという肌に良いらしい粉をつけています。お坊さんの数はタイより確実に多いし、女性のお坊さんだっていっぱいいます!

とにかくそんなこんなで驚くことが多かったヤンゴンでした。

ミャンマー人は対人距離が近くて、暖かい。道行く人にほほえむとほほえみ返してくれる。そして民間レベルの治安は格別に良いです。

この一週間でミャンマーが大好きになりました。

1

タイ側にある看板

2

この細い川の向こう側がミャンマーです

3

国を渡す橋

4

メイサイの様子

5

夜のメイサイ

6

ミャンマーへ徒歩で橋を渡る

7

タチレイ、ミャンマー

8

飛行機でヤンゴンへ

9

ヤンゴンの町

10

イギリスの領地だったころを思わせる

11

男性だってサロンを着る

12

この粉がお肌を守ります

13

小さく女性のお坊さんの列が見えます

14

人が本当にあたたかい

15

電車の中から「ハロー!」

16

このお坊さんにジュースをおごってもらった

17

このミャンマー人たちは日本語がしゃべれた

Also when I took a local bus in Tachilek, I asked a woman beside me how to say “thank you”. She answered ” Kob Khun Ka, same as in Thai!”. It was a little unexpected for me. Also even the currency was Thai bahts in Tachilek. Thanks to those experiences, I came to assume that Myanmar is similar to Thailand day by day.

However, after flying to Yangon, my impression on Myanmar changed completely. Myanmar seemed so different from Thailand that I even felt ashamed of myself for having thought that it is not so much unique from one another.

Colonial buildings, men wearing skirts, some yellow powder called thanaka on people’s faces, the cracking number of monks (really!) and it can keep going on like this. I fell in love with the people here in this one week of stay in Yangon.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。